カパ体質の特徴と、バランスのとりかた | アーユルヴェーダとヨガのある暮らし

カパ体質の特徴と、バランスのとりかた

Share

水

アーユルヴェーダでは一番多く持つドーシャがその人の体質を表し、それは最も増えやすいドーシャでもあります。そして、増えることによってバランスを崩し、病気に繋がる場合があります

それでは、それぞれの体質がどのような特徴を持っているのか、また、ドーシャが増えすぎた時の状態や、バランスを崩したときどのように対処すればよいのか。

この一番気になる点について、各ドーシャ別にご紹介していきます。
今回はピッタです。

自分のドーシャ体質が分からないときは

もしも、「自分のドーシャバランス(体質)が分からない!」という方は、下のページでチェックしてみてくださいね。

アーユルヴェーダの体質チェックをしてみましょう。ドーシャのバランスは人により異なり、それによって体質が変わります。自分の体質を知ることで、自分の状態や、どのような生活をし、どのような食事をしたらよいかなど、様々なヒントを知ることができます。

バランスを崩しているかどうかを知りたいときは

バランスを崩しているかどうかを知りたい場合には、こちらをチェック!

ドーシャのバランスが崩れると、不健康な状態に繋がる場合があります。今回はドーシャのアンバランス度をチェックしてみましょう。どのドーシャがバランスを崩しているかが分かれば、バランスをとる方法が分かります。

カパ体質の特徴 冷・重・油・遅

カパは、5元素のうち「水・地」で構成され、「冷・重・油・遅」の性質を持ちます。

体の特徴

体格 ふくよか
皮膚の特徴 色白でしっとり
太くてしっとり
睫毛が長くてぱっちり
食欲 食欲は安定、食べるのはゆっくり
好きな味覚 辛味、苦味、渋味
口渇 あまり乾かない
排泄 良好
動作 重く、鈍い

心の特徴

長所 落ち着いてゆったり、愛情深い、粘り強い
短所 呑気
信念 強い
記憶力 遅いが覚えたことは忘れにくい
睡眠 深くて長い
話し方 ゆっくりで単調
経済活動 節約家で金持ち、食費にかける
体質 湿気に弱い

心身の特徴

心身の特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

長所 短所
体の特徴 体力・持久力がある
体格がよい
よく眠れる
だるさ、眠気
口内が甘い、痰が多い
鼻水・鼻づまり
心の特徴 慈愛、献身的
心が落ち着いている
辛抱強く着実
こだわる、保守的
鈍感、おおざっぱ
抑鬱(制止)

かかりやすい病気

気管支疾患
喘息
鼻炎
糖尿病
関節炎
腫瘤性疾患

適職

看護師、管理者、コック、建築家、カウンセラー、肉体労働者

活動しやすい季節

乾燥し、暑いくらいの気候。

アンバランスになりやすい1日の時間、季節、年齢

時間 06:00~10:00、18:00~22:00
季節 冬~春
年齢 若年期

カパのバランスを取り戻すには

よく動く
軽い食事を心がける
体を冷やさない
寝すぎや昼寝をせず、日中は活動的になるよう心がける
朝日を眺めながらの散歩、その他の運動を習慣を身につける
食事は冷たいものや油っぽいもの、特に食べ過ぎを避ける
スパイシーで温かい食べ物、リンゴや加熱していない蜂蜜を摂る
夕食を軽くして早々に終える
朝食は軽くするか抜く
洗髪後はよく乾燥させるか、朝に洗髪する
朝のシャワーや入浴を心がけ、体を冷やさない
香りを楽しむ。特に朝は刺激性のアロマを部屋に満たす
カパ体質の特徴や、バランスを崩しやすい時間や季節と年齢、バランスを崩した場合の対処方法などをまとめてみました。

自分の体質を知り、自然のリズムに沿ってよりよく快適に過ごしましょう。

バランスを崩しているかな?と感じたときには、生活を見直してみるのもよいかもしれません。

トップへ戻る