アーユルヴェーダとヨガのある暮らし | 奥深いアーユルヴェーダとヨガの智慧

ヨガポーズのポイントや注意点を確認し、身体を痛めずヨガを深めるための本

ヨガは身体を痛めないポーズで行うことが大切です。また、いくつかの基本的なルールを知っておくと遠回りせずにヨガを深めることができるでしょう。ヨガの基本ポーズ、ポーズの注意点やポイント、ヨガの12の原則、最も大切な12のルールなど、ヨガポーズの基本を一通り理解することができるおすすめの本をご紹介します。

初心者にもおすすめのヨガマットの選び方(厚さ・サイズ・素材・ヨガの種類)

初心者にもお勧めのヨガマットの選び方を、厚さ・サイズ・素材・ヨガの種類など様々な視点からご紹介します。使用方法や体格、ヨガの種類やよく行うポーズによって、または筋トレを行う際、それぞれ適したマットがあります。目的に合ったマットを使えば、ヨガの効果もアップしますよ。

アーユルヴェーダのオイルマッサージ「アビヤンガ」でデトックス!

どうしても増悪してしまうドーシャやアーマ(毒素)のデトックス方法、アビヤンガ(オイルマッサージ)。マッサージオイルの作り方・マッサージ方法・マッサージ後の手順など詳しくご紹介。アーユルヴェーダでは余分なドーシャやアーマ(毒素)をデトックスすることで病気の根を取り除くことができると考えられ根本治療となっています。

アーユルヴェーダの食事のとり方と、ドーシャ別食事法

アーユルヴェーダの食事法の理論と、体質(ドーシャ=ヴァータ・ピッタ・カパ)別の食事法。アーユルヴェーダでは、食事を非常に重要視します。体の消化機能(アグニ)を正し、毒素(アーマ)を溜めないようにするには、食事が最も大切だと考えられているからです。また、アーユルヴェーダでは「オージャス」にも注目します。

アーユルヴェーダのドーシャ体質別「1日の過ごしかた」

わたしたちは、一人ひとりがそれぞれのバランスでドーシャに影響された体質を持っています。そして、1日の流れ、季節、年齢にもドーシャの影響があります。それぞれの体質の人が、そのときの体調を鑑みながら、自然のリズムに沿って暮らすことが大切です。今回は、ヴァータ、ピッタ、カパそれぞれの1日の過ごしかたをまとめました。

カパ体質の特徴と、バランスのとりかた

アーユルヴェーダのトリ・ドーシャ理論による、カパ体質の心身の特徴、長所・短所、かかりやすい病気、適職、活動しやすい季節、アンバランスになりやすい季節と年齢、カパのバランスを取り戻す方法など。自分の体質を知り、バランスを整え、快適に過ごしましょう。

ピッタ体質の特徴と、バランスのとりかた

アーユルヴェーダのトリ・ドーシャ理論による、ピッタ体質の心身の特徴、長所・短所、かかりやすい病気、適職、活動しやすい季節、アンバランスになりやすい季節と年齢、ピッタのバランスを取り戻す方法など。自分の体質を知り、バランスを整え、快適に過ごしましょう。

ヴァータ体質の特徴と、バランスのとりかた

アーユルヴェーダのトリ・ドーシャ理論による、ヴァータ体質の心身の特徴、長所・短所、かかりやすい病気、適職、活動しやすい季節、アンバランスになりやすい季節と年齢、ヴァータのバランスを取り戻す方法など。自分の体質を知り、バランスを整え、快適に過ごしましょう。

アーユルヴェーダ診断 トリ・ドーシャのアンバランス度チェック

アーユルヴェーダでは一番多く持つドーシャがその人の体質を表し、それは最も増えやすいドーシャでもあります。ドーシャのバランスを崩すと、不健康な状態に繋がる場合があります。それぞれのドーシャのアンバランス度をチェックしてみましょう。どのドーシャがバランスを崩しているかが分かれば、バランスをとる方法が分かります。

運動としてのヨガの効果

ヨガには様々な効果があります。ここでは、運動面からみた、ヨガの効果をお伝えします。ヨガにどのような効果があるかを意識することで、ますますヨガが楽しくなり、効果も上がります。まずは無理のないポーズ、無理のない範囲で行いましょう。

アーユルヴェーダ体質診断 ドーシャ体質チェック

アーユルヴェーダの体質チェックをしてみましょう。ドーシャのバランスは人により異なり、それによって体質が変わります。自分の体質を知ることで、自分の状態や、どのような生活をし、どのような食事をしたらよいかなど、様々なヒントを知ることができます。

ヨガのポイントと「八枝則」

ヨガを行ううえでまず押えておきたいこと。ヨガのポイントと、ヨガの教本「ヨーガ・スートラ」に記述されている、ヨガの手順を説明した「アシュタンガ」(八枝則)について。

アーユルヴェーダのドリ・ドーシャ理論と5元素

アーユルヴェーダ基本理論、「5元素」と「トリ・ドーシャ」理論について。アーユルヴェーダが考える健康とは何か。体のエネルギーはドーシャ、心のエネルギーはグナと呼ばれます。体を支配する3つのドーシャ「ヴァータ・ピッタ・カパ」の特徴などをご紹介します。

ヨガの目指すもの

なんだか体が疲れていたり、感情を抑え込んだりしていませんか?ヨガは心身のバランスを調和させ、とても心地のよいものです。ヨガでは呼吸法や姿勢を非常に大切にし、様々なポーズや動作がありますが、一体何を目指しているのでしょうか。

アーユルヴェーダの魅力

アーユルヴェーダは知れば知るほど奥深く、喜びがあります。すべての基礎にはエネルギーがあり、そのエネルギーによって個人の体質も変わります。常に変化する体と心。「自分らしく生きる」ことの意味などについて、まずはアーユルヴェーダの基本の話。

トップへ戻る