ピッタ体質の特徴と、バランスのとりかた | アーユルヴェーダとヨガのある暮らし

ピッタ体質の特徴と、バランスのとりかた

Share

火

アーユルヴェーダでは一番多く持つドーシャがその人の体質を表し、それは最も増えやすいドーシャでもあります。そして、増えることによってバランスを崩し、病気に繋がる場合があります

それでは、それぞれの体質がどのような特徴を持っているのか、また、ドーシャが増えすぎた時の状態や、バランスを崩したときどのように対処すればよいのか。

この一番気になる点について、各ドーシャ別にご紹介していきます。
今回はピッタです。

自分のドーシャ体質が分からないときは

もしも、「自分のドーシャバランス(体質)が分からない!」という方は、下のページでチェックしてみてくださいね。

アーユルヴェーダの体質チェックをしてみましょう。ドーシャのバランスは人により異なり、それによって体質が変わります。自分の体質を知ることで、自分の状態や、どのような生活をし、どのような食事をしたらよいかなど、様々なヒントを知ることができます。

バランスを崩しているかどうかを知りたいときは

バランスを崩しているかどうかを知りたい場合には、こちらをチェック!

ドーシャのバランスが崩れると、不健康な状態に繋がる場合があります。今回はドーシャのアンバランス度をチェックしてみましょう。どのドーシャがバランスを崩しているかが分かれば、バランスをとる方法が分かります。

ピッタ体質の特徴 熱・鋭・軽・液

ピッタは、5元素のうち「火・水」で構成され、「熱・鋭・軽・液」の性質を持ちます。

体の特徴

体格 中肉中背
皮膚の特徴 柔らかく油っぽい
柔らかくしっとり、若禿、若白髪
目つきが鋭い
食欲 良好、あるいは食べ過ぎ
好きな味覚 甘味、苦味、渋味
口渇 乾きやすい
排泄 やわらかい
動作 中程度

心の特徴

長所 知性的、情熱的、チャレンジ精神、リーダーシップ
短所 攻撃的、嫉妬深い
信念 狂信的
記憶力 鋭い
睡眠 短いが熟睡する
話し方 鋭く批判的
経済活動 中程度、贅沢品を好む
体質 熱さに弱い

心身の特徴

心身の特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

長所 短所
体の特徴 快食、快便
体が軟らかい
皮膚のつやがいい
皮膚発疹、出血しやすい
胸やけ、灼熱感
眼の充血、下痢
心の特徴 情熱的、知的
リーダーに適する
勇敢、チャレンジ精神旺盛
怒りっぽい、知的
憎しみ、破壊的
完璧主義、見栄っ張り

かかりやすい病気

胃・十二指腸潰瘍
肝・胆・脾疾患
アルコール依存症
心疾患(心筋梗塞)
皮膚病

適職

経営者、政治家、外科医、法律家、経理士

活動しやすい季節

涼しく、比較的乾燥した気候。

アンバランスになりやすい1日の時間、季節、年齢

時間 10:00~14:00、22:00~02:00
季節 夏~秋
年齢 壮年期

ピッタのバランスを取り戻すには

心身の休息をとり冷静になる
刺激の強い食事を控える
過激性を控える
休息をとり、日中の活動(特に暑い時間)は控える
冷性(氷で冷やしたものは不可)で水分が多く、甘い液状の食べ物を摂る
辛く刺激のある食物を避ける
闘争的な事柄(ホラー・討論・競技)を避け、穏やかさに触れる
満月を鑑賞したり、野山の自然に触れるなど、視覚を楽しませる
水泳などで熱した体を覚ます
ピッタ体質の特徴や、バランスを崩しやすい時間や季節と年齢、バランスを崩した場合の対処方法などをまとめてみました。

自分の体質を知り、自然のリズムに沿ってよりよく快適に過ごしましょう。

バランスを崩しているかな?と感じたときには、生活を見直してみるのもよいかもしれません。

トップへ戻る